2018年10月14日

日経平均株価の下落は続くのか?

日経平均株価は、突如、大幅に下落する展開となりました。9〜10月は相場が荒れるイメージが個人的にありましたので警戒していました。しかし、24000円台まで上昇したときは想定外の動きでした。ただ、上昇していた相場が22500円前後まで下落する展開になると、投資家は振り回され踏んだり蹴ったりの状況になっている方もいるのではないでしょうか?

日経225-20181014.png

上記チャートは、日経平均株価の週足チャートです。2018年1月26日の週高値と2018年10月5日の週高値の2点でダブルトップを形成する可能性もあるのではないかと危惧しています。ダブルトップが成立するには、2018年3月30日の週安値を割り込む必要がありますので、まだ同安値まで下落余地があります。

ただ、4〜9月までボックス圏の動きがありましたので、同価格帯での抵抗はあると思いますので、その後の動きに注意が必要です。



posted by 株スキル at 17:10| Comment(0) | 国内市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: