2018年09月09日

株価がボックス圏の動きになった場合の注意点

日経平均株価は自律反発してもよさそうなタイミングと思いますが、果たしてどうなるのでしょうか?

下記のチャートは、日経平均株価の日足チャートです。チャートをある期間で切り取りすると様々な動きが見えてきます。下記のチャートを見ると、ここ数か月はボックス圏の動きのようにみえます。

ボックス圏の動きとすれば、株価は反発のタイミングに来ていると思いますが、ボックス圏の時の注意事項があります。下がっている株価を買う場合、早く買いすぎるとなかなか利益になりにくかったりすることも往々にしてあります。

日経225-20180907.png

株価を自分の都合である一定期間で切り取ると、相場の流れを読み違うこともありますので注意が必要です。



posted by 株スキル at 17:08| Comment(0) | 国内市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: