2018年08月26日

短期的な視点で日経平均株価を見る

日経平均株価は23日に上昇転換していると思われますが、27日以降も堅調に推移するのでしょうか?

日足ベースですると分析すると、長期的な視点を忘れがちになりますが、常に長期〜短期まで総合的に株価トレンドを把握しておく必要があります。日経平均株価は目先、どこまで上昇するか確認しながらの売買になります。オプション価格を意識した動きなのでしょうか?

オプションー20180824.png

2018年9月限のオプションのプット残を見ると、23000円の権利行使価格が一番多くなっています。つまり、23000円が上値抵抗線になっているわけなので、同価格帯を上抜けるかどうか確認しながらの売買になります。



posted by 株スキル at 19:25| Comment(0) | 国内市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする