2014年02月28日

【株式投資】下がるにしても微妙な動き?

下がるにしても微妙な動き?

こんにちは。
株スキルでは、株価の分析方法やチャートの見方など学べる教室やセミナーを開催しています。

本日の日経平均株価は、シカゴ日経225先物が14920円となっていますので前日終値あたりで寄り付きました。その後は上値は重く売り圧力に押されていましたが、下げ方がに鈍く感じたのは気の性でしょうか? 後場に入って、一段安の展開になりましたが、結局引けにかけて戻す展開となっています。

個別銘柄では、日経平均株価の2/5時点の安値を割り込む動きになっている銘柄も多くあり、下降転換に動きになっている銘柄もありますが、指数は買い支えられているのか下げ渋りの動きとなっています。本来であれば、もち合い相場からの下放れの動きになってもおかしくない局面ですが、なにか微妙な感じがします。

来週は米国株式市場の転換点が来る日柄と思われますので、それまではさ渋ったということでしょうか。本日の下落で3日連続の下落です。通常のリズムでは反発の場面ですが、下落するようだと大きく下落する可能性もあります。

個別銘柄では、前場取り上げたNECもさすがに一服の動きです。ただし、乱高下すのでしょう。以前取り上げたとき方見ても大幅に上昇しています。売買タイミングを測る必要があります。トヨタ自動車や野村証券は、もち合いを下放れた動きになっているように見えますが、出来高が増加してませんので、まだ何とも言えない状況です。チャートだけに見ると既に下降基調に入ってるのですが、なかなかシブトイ動きとなっています。

本日もお疲れまでした。
ご意見やご質問などありましたらお問い合わせください。

2014年の「米中」を読む!



NEC,トヨタ自動車、野村証券、不動産株はどうなるか?


週間の日経平均株価の動きは?
くる天人気ブログ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 株スキル at 16:18| Comment(0) | 国内市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする